施工例紹介

湿気に弱い木材

某大手建売業者の新築物件を10年ほど前にご購入されたG様から相談を受けた事例です。

引き渡し後半年程で玄関框(げんかんかまち)の部分が黒ずんでいる事に気付き、施工会社に相談されたようですが「これはもともと製品の色ムラだから補修は出来ない」と言われてしまい、それでもどうにかならないかと施工会社に言うと、「上から同じ様な薄い板を張り付けて見えなくする方法しかない」と補修をしておしまいになってしまったようです。

黒ずみは新しく張った板の上からも出てきてしまい、カビ臭い匂いも出てきたのでやむを得ず当社に相談がありました。

行ってみると黒ずみが出ている木材(玄関框)自体がどこかから水分を吸い上げて腐らせていると分かり、「一部解体をしてくわしく調査しないとどこまで傷んでいるのかわからない旨と補修として必要最低限の工事が必要です」と説明申し上げ、ご納得いただき工事を執り行いました。

 

  • AFTER
    解体をしてみると玄関框は腐っていましたが、主要構造部に異常はなかったため、玄関框だけの改修工事をさせていただきました。
    もちろん、木材に水分を含ませないようにしっかり処理を施してあります。

    カビ臭い匂いも消えて、施工後の経過でも黒ずみは出ず、快適に過ごされている模様です。
  • AFTER
  • AFTER
    BEFORE
ページトップへ戻る